займ на карту с плохой кредитной историей
川崎じもと応援券
街路灯広告専用サイト

商店街のご紹介
川崎市商店街連合会マップ

川崎駅広域商店街連合会
大師商店街連合会
田島商店街連合会
幸商店街連合会
日吉商店街連合会
中原区商店街連合会
高津区商店街連合会
宮前区商店街連合会
多摩区商店街連合会
麻生区商店街連合会

賛助会員



リンク

川崎市
産業バンク川崎
川崎市地域産業情報
ミューザ川崎シンフォニーホール
神奈川県
公益社団法人商連かながわ


フロンターレシティ

川崎市内商店街のイベント情報

トップ > 事務局ニュース
(感染症拡大防止対策)職場環境の改善のための設備導入等の経費を補助します【川崎市】

新型コロナウィルス感染拡大防止のための、備品・消耗品購入、設備導入等の補助金の申込みが始まりました(川崎市)

こちらの川崎市のHPでご確認ください。

職場環境改善支援補助金チラシ

新型コロナウイルスに関連した中小企業支援策について(事業者の皆さまへ)

新型コロナウイルス感染症に関する中小企業支援策について、川崎市からの情報です。

川崎市HPへリンクしています

市商連ニュース 第76号
令和2年度 支部長会議 第6回

令和2年11月6日(金)に令和2年度第6回支部長会議が産業振興会館11階第6会議室にて開催されました。

はじめに会長より、Go To Eatの取組みや、川崎フロンターレに関してサポーターや選手等との関係強化を図りたい旨の挨拶がありました。その後、議題に入りました。

◆ 会長からの報告について

会長から、会議所80周年記念への参加やさまざまな会議に出席した内容についての報告がありました。

◆ 地区商連会長からの報告について

  • 中原区商連 11月11日に「はとバス」を利用して従業員等の親睦旅行を行うとのことです。33名の参加。

  • 川崎駅広域商連 今年のハロウインは、仮装コンテストなどをユーチューブで行った。パレードは無し。また、会員を対象にコロナに関する緊急アンケートを行った。

  • 大師商連 10月に専門家を呼んで、大師復活のためのGOTO商店街を活用した企画を検討した。ホームページの作成などを検討していく。

  • 幸商連 加盟商店街が減っている。自分が所属している商店街も解散した。今後どうするかいろいろ考えている。

  • 多摩商連 現在、Go To 商店街を活用して、多摩区全体の商店街と観光名所などの回遊コースなどをJTBとともに検討している。今月中に決定したい。

  • 高津商連 11月15日からイルミネーションを行う。また、同日、クラフトマーケットや中古車販売会などを開催する。12月12日にJAと協力して青空野菜市を行う。

  • 宮前商連 さぎぬま商店街で秋祭りとまちゼミをパソコンを活用しリモートで行った。

  • 麻生商連 商連としてホームページの更新、年末売り出し、イルミネーションなどを内容とした取組みをGo To 商店街補助事業で申請した。

  • 日吉商連 青年部が行っている夢見マルシェが好調である。キッチンカーなどの売上も良い。

◆ 川崎市からの報告

    川崎市職場環境改善支援補助金の説明がありました。事業実施が4月からであることと3/4の補助なので積極的に活用していただきたいとのことでした。

◆ 川崎じもと応援券の状況について

    利用店舗登録は5088店舗と目標の5000店舗に達したことと、第3次販売が終了したとの説明がありました。

◆ 令和2年度第2回書面理事会の結果について

    議案第1号「(株)JTBからの協力事業及び川崎市からの補助事業の追加及び補正予算に係る議案」について書面議決の結果、全員賛成により議決したことを報告しました。

◆ 令和3年賀詞交歓会について

    行政や他団体の状況を説明し、本会においても来年の賀詞交歓会は開催しないことに決定しました。

◆ 商店街活性化フォーラムの素案について

    青年部より川崎フロンターレの天野部長をお呼びして講演をおこなってもらうことについて提案があり、概ね賛成を得て、前向きに取り組むことになりました。時期は2月から3月とのことです。

◆ Go To 商店街について

    Go To 商店街事業の概要と第1次募集の採択事業について説明を行ないました。併せてブレーメン通り商店街等の取り組み内容についても説明しました。

◆ Go To Eatかながわについて

    11月6日から始まるプレミアム食事券のチラシを配布し、内容について確認を行いました。

◆ その他

  1. 川崎フロンターレ優勝記念セールのポスターの活用について説明を行ないました。また、今年で引退する中村憲剛選手のフラッグをフロンターレで作成するのでその活用と協力をお願いしました。

  2. 賛助会員である大型店との会費値下げ交渉の一端を報告しました。

  3. その他に市商連ニュ―ス第76号の配布や、「スタンプラリーde Buyかわさきフェスティバル」などの資料を配布しました。
令和2年度 支部長会議 第5回

令和2年10月2日(金)、令和2年度第5回支部長会議を産業振興会館11階第6会議室で開催しました。

◆会長からの報告

    9月30日、川崎商工会議所商業部会に出席。
    10月7日には川崎商工会議所80周年記念式典に出席予定。

◆かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」について

    「脱炭素戦略(かわさきカーボンゼロチャレンジ2050(案))」について、川崎市商店街連合会及び各地区商連として賛同することとしました。

◆川崎市からの報告

  • テイクアウト等参入支援補助金及び商店街緊急支援補助金の期限が11月30日。
  • 緊急経済対策としてコロナ対策関連の新たな補助金の準備をしている。
  •    ① 「職場環境改善支援補助金」
        →コロナ感染予防に必要な工事や備品購入支援(上限30万円)
       ② 「商店街魅力再起支援事業補助金」
        →アフターコロナに対応したイベント実施支援(上限200万円)

◆令和2年度上半期の事業及び収支状況について

  • コロナウイルスの影響で、商店街魅力アップ関連の経常収益及び経常費用はともにゼロになる見込み。
  • 今年度の取組みとして、新型コロナウイルス感染拡大に伴う国・県・市の支援策等についての各商店街への情報提供や、じもと応援券の登録店舗促進を図るための周知を実施している。
  • 市議会への予算要望や市長との意見交換会も行った。

◆会員名簿調査結果について

    9月1日現在の商店街会員調査結果について報告しました。

◆地区商連会長及び青年部からの報告について

  • 今年のカワサキハロウインは、パレードは中止してオンライン上での開催となる。
  • 9月に開催した「新百合マルシェ」が大変好評だったことから、10月は50店舗で開催の予定。昭和音大のイベントも実施する。
  • 青年部の事業として、Go To商店街の企画を検討している旨の報告がありました。

◆その他

    ① 令和3年賀詞交歓会について

      コロナの収束が見えない中で、市や他団体の状況(開催・中止・形式変更など)を見ながら、次回の支部長会で判断することとしました。
    ② 川崎市の委員就任状況について

    • ねんりんピックかながわ2021川崎市実行委員会委員(深瀬会長)
    • 川崎市産業振興協議会委員(青年部 出口相談役)
    • 川崎市特別職報酬審議会委員(深瀬会長) 
    • 全国都市緑化かわさきフェア基本構想懇談会委員(青年部 反町部長)
    ③ Go To Eat 商店街キャンペーンについて

      神奈川県での事業予定について説明しました。10月中旬頃に事業者が決定し、その後、飲食店の登録が開始される予定。

    ④ 商店街ネットキャビン8月アンケート結果(コロナ関連:商連かながわ)

      商連かながわが8月に実施した、コロナウイルス感染症の影響をテーマとした「商店街ネットキャビンアンケート」の結果について報告しました。

■資料提供
市商連ニュース第75号、神奈川県最低賃金(川崎北労働基準監督署)、新型コロナ関連労働セミナーのお知らせ(神奈川県労働センター)、前回の議事録を配布しました。

市商連ニュース 第75号
令和2年度 支部長会議 第4回

令和2年9月4日(金)に令和2年度第4回支部長会議を産業振興会館11階第6会議室で開催しました。

◆会長からの報告

    会長から、7月6日及び7日の川崎市議団との政策懇談会のほか、さまざまな会議に出席した内容についての報告がありました。

◆川崎信用金庫からの提案

    経営支援サービスBig Advanceについて川崎信用金庫から説明をいただきました。

◆川崎市からの報告

    ・事業承継専門家派遣、事業承継セミナー、後継者育成講座について川崎市から説明がありました。

    ・市商連の情報発信機能の強化を図ることを目的とした、川崎市の新たな補助事業について説明があり、市商連として事業を実施することとしました。
    (市商連HPの改修、SNSの運営など)

◆川崎じもと応援券の状況について

    ・8月26日付けで、全商店会長あて、利用店舗登録の促進について協力依頼した旨を報告しました。

    ・「じもと応援券」の発売状況及び各商店街の利用店舗登録状況を報告しました。

    ・各地区での「じもと応援券」の状況について報告がありました。

◆地区商連からの報告

    ・日吉商連から、10月から幸区役所主催のモバイルスタンプラリーを活用した「親子スタンプラリー」が実施される旨の報告がありました。

    ・中原商連から、オズ&ブレーメン通り商店街の共同開催によるQRコードスタンプラリーが9月1日から実施されている旨の報告がありました。

    ・宮前商連から、鷺沼駅周辺再編整備に伴う公共機能に関する基本方針に基づき、宮前区役所の移転準備が進められている旨の報告がありました。

    ・多摩商連から、多摩ファンラリー(市民の参加型によるチケット制のキャンペーン)を9月1日から12月末まで実施している旨の報告がありました。

    ・麻生商連から、10月から新百合マルシェが、例年の半分規模で再開される予定である旨の報告がありました。

◆川崎市議団との政策懇談会について

    ・みらい川崎市議団(7月6日)、公明党川崎市議団(7月7日)に行った政策懇談会の結果報告を行いました。

    ・商店街街路灯の電気料金補助率アップやコロナ後の商店街活性化について新たな要望を行いました。

◆令和2年度会員調査について

    ・会員調査を9月7日から実施するため、協力を依頼しました。

◆その他

    ・令和2年度商連かながわの商店街役員表彰候補者として、市商連から2名を推薦することとしました。

    ・川崎市の新規補助事業(情報発信機能の強化事業)についての、市商連の予算補正手続き及び補助事業の進め方について説明し了承されました。

    ・Go To商店街の概要説明及び企画会社からの企画提案書について資料提供しました。

モトスミ・ブレーメン通り商店街が復興大臣から感謝状を贈呈されました

モトスミ・ブレーメン通り商店街の東日本大震災被災地の復興の取り組みに対し、田中和徳復興大臣から感謝状が贈呈されました。【8月28日(金)】

市商連ニュース 第74号
テイクアウト等参入支援補助金(川崎市)の対象期間が延長されました

新型コロナウイルスの影響により、テイクアウトやデリバリー、移動販売、インターネット販売などに取組む事業者補助金の対象期間が、3カ月間延長されました。

詳細は、川崎市のHPでご確認ください。