商店街街路灯広告の掲載ガイドライン


gairotou_1.gifgairotou_1.gifsusumekata_1.gifsusumekata_1.gifguideline.gifguideline.giffor_cliant_1.giffor_cliant_1.gifgoaisatsu_1.gifgoaisatsu_1.giftoiawase_1.giftoiawase_1.gif
HOME > ガイドライン > 掲載ガイドライン

掲載ガイドライン 交通編 車道・歩道の区別に関して

街路灯の設置されてある場所で、バナー広告(フラッグ広告)の掲載規定が大きく変わりますのでご注意ください。交通の妨げになることがありますので、これは十分に気を付けてください。

商店街の街路灯は、その商店街のエリアに設置されていますが、その設置点(街路灯が埋め込まれているポイント)により、掲載の方法が異なりますので、十分にご注意ください。

下図はクリックすると拡大します。

douro_kisei_3.jpg

A:設置場所が明らかに歩道になっている場合(歩道として段差が確保されていること)

バナー広告が、歩道側に向けて掲載されている場合は、歩道面から、2.5m以上が確保されるように掲載することが必要です。
バナー広告が、車道に向かって掲載し、車道にはみ出ている場合は、車道面から4.5mが確保されるように掲載することが必要です。

B:設置場所が歩道と車道の区別がない場合

車道と歩道の区別のない場合は、地上から4.5mの確保が必要です。
ただし、車止めポールや街路樹などで、車が通れないように構造物などで分断されている場合は、特別に歩道面とみなし、歩道側は2.5m以上の確保でOKです。車道側は、4.5m以上の確保が必要です。

経過措置としての掲載方法
Bの場合、バナー広告(フラッグ広告)の広告面を、道路方向に向かって平行に設置する場合は、2.5m以上の確保とします。
syahodou_mondai.png
車道と歩道の区別(段差や車止めポールで)がない場合は、上の左図のように路面から、最低4.5mの確保が必要です。一方、右図のように車に対して平行に掲載する場合は2.5mの確保になります。
車道歩道の分離は、白線や道路標識は対象になりません。

C:経過措置一概

車道と歩道が区別されていない場合には、道路と並行に掲載する場合は、2.5m以上の確保になっています。

各ガイドラインをご覧ください。

keisai_gl.gifkeisai_gl.gif

designe_hyouki_gl.gifdesigne_hyouki_gl.gif

toriatsukai_gl.giftoriatsukai_gl.gif

top_idou.jpg
merit_1.gifmerit_1.gif
nagare_1.gifnagare_1.gif
basyo_1.gifbasyo_1.gif
kanou_1.gifkanou_1.gif
download_1.gifdownload_1.gif
intro_1.gifintro_1.gif
designe_gl_1.gifdesigne_gl_1.gif
keisai_gl_1.gifkeisai_gl_1.gif
toriatsukai_1.giftoriatsukai_1.gif
バナー製作に関して.gifバナー製作に関して.gif
shinsa_irai_rei.gifshinsa_irai_rei.gif
kekka_houkokusyo_rei.gifkekka_houkokusyo_rei.gif